代表者のプロフィールとひと言
【代表者プロフィール】
1965年生まれ。大阪府出身。関西学院大学法学部卒。大阪府庁に入った後、不動産会社、不動産賃貸管理会社を経て、 2001年11月、 『さくらシティオフィス』を設立し、独立開業。宅建業免許 大阪府知事(4)第48806号 を有しており、かつ、 ファイナンシャル・プランナーの国際資格であるCFPを、あわせ持つ行政書士。離婚の際に、数多くのケースで 、かかわってくる資産や負債、財産の評価。特に、不動産や住宅ローンの分野に、とても明るいところが強みであり、頼りにされている。
精神面も含めたトータルなサポートをしていく。 意味のあるサービスを依頼者の方のために提供することこそが、とても重要なのです。」と、話す。
ご近所や親族間の もめ事予防法務と、その啓発活動にも力を入れている。自費制作による冊子、 『気まずさを からりと晴らす トラブル予防 解決策への 扉を開こう!』 を、著し、リスクマネジメント理論の家庭への展開を実践している。
リスクマネジメント学会の正会員でもある。

【代表者 松本のひと言】

心理学
カウンセリングの手法の勉強も、ひと通り、やりました。人と接することが仕事ですから、必要に迫られて、といった感じでしたけれども、今になって思えば、すごく役立っています。離婚は、夫婦の感情のもつれすれ違いが、主な原因です。依頼者の方に、できるだけ、冷静になっていただくこと。そのことも業務の範囲内のことですから、力を注いでいます。

不動産とお金、資産運用のプロでもありますから、依頼者の方が、私たちのさまざまな切り口からの提案を受けられて、必ずや、他の専門家にはないメリットを感じてくださる。 また、感じていただけるように、努力は惜しむことなく、していきたいと思っています。

こんなことも、ありました。


「離婚する前は、かなり不安でしたよ。これから、どうなっていくのか。さっぱり、わかりませんでしたから。頼むから、助けてくれ! と。すがるような思いで相談することを、決意しました。」


そんな風に、話していた人が。


「やっぱり。もっと早くに相談したほうがよかったですね。相談してみると、落ち着きますし、なんだか安心できました。なんて言うんですか。どう表現したらいいのかなぁ。これが専門家のパワーなんですね。


いろいろなケースがあるにせよ。皆さん、相談される前は同じような心境です。相談された方だけが、解決する方向への第一歩を踏みしめて、事を進ませて行かれるのです。

あなたの悩みを、今すぐ、男の離婚相談室まで、お聞かせください。3営業日以内に、お返事いたします。住所、氏名、携帯電話番号等の連絡先の記入を、くれぐれも、お忘れなきように、お願いします。

よく、私たちのページに来てくださいました。本当に、ありがとうございます。

私たちの誠意が、あなたに伝わっていけば、幸いです。


悩まず相談!すればわかるさ!ありがとう!



■ 今すぐ相談すべき理由とは?
■ 私たちの考えと業務実績や体験から言えることとは?
■ 専門家の必要性と料金についてのご案内
■ 代表者のプロフィールとひと言
■ 特定商取引法の表示・個人情報保護方針

行政書士 松本仁孝事務所
〒582-0022
大阪府柏原市国分市場1丁目6番16号
TEL.072-975-2400
(受付時間 平日 9:00-17:00)
メール24時間対応
mail:toiawase@soudanshitsu.info

[*]TOP

Copyright(C)2017
Y.MATSUMOTO OFFICE