養育費等 男の離婚相談室における離婚相談事例4 滋賀→大阪

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口における養育費等の離婚問題の相談事例4

男の離婚相談室 男性の離婚相談事例4

引き続きまして、
『養育費等 男の離婚相談室』において、
どのようなやり取りをしていくのかを、
実際の離婚相談事例を基にして、
ご紹介していきたいと思います。
ご参考いただければ、幸いです。

では、ご紹介いたします。

滋賀県にお住まいの伊藤伸夫さん(仮名)から、
『養育費等 男の離婚相談室』へ、
直接、お電話にての離婚相談依頼でした。
(現在は電子メールにて予約していただいています。)

内容は、
共同名義になっている自宅について、
どのように、財産分与すべきなのか。
また、妻の有している預貯金について、
提示してきている預貯金額があまりにも少額なので、
どこかに隠しているのではないか。

財産分与に関するご相談依頼でした。

預貯金の財産については、
まず、婚姻期間中に、蓄財されたものか、
婚姻前から有していたものなのかを、
分別する作業が必要になります。

伊藤さんの場合は、
家計を妻に任せていたという事情もあり、
伊藤さん本人の給与が振り込まれる口座まで、
すべての預貯金に関する通帳や証書は、
妻が保管し、利用していました。

離婚話が持ち上がってから、
伊藤さんの給与の振込口座の残額が、
1,000円にも満たない額になっていたとのことでした。
その他、定期預金の300万円についても、
伊藤さんの知らないうちに、
解約されていたという状況でした。
その2つの預貯金額だけでも、500万円。
にもかかわらず、すべての妻名義の口座を合わせても、
30万円足らずしか、残額がないということだったのです。

誰が考えても、おかしなことですから、
伊藤さんにはすぐに、金融機関に行ってもらい、
出入金の記録を確認してもらいました。
引き出された日が判明しましたが、
その500万円が、妻の口座には、
入金されていないことになります。
まずは、500万円が、どうなっているのかを、
給与の振込口座を変更し、新設することと併せて、
妻から聞き出すように、助言させていただきました。

このような行為をした側は、
結果的に、有利にはなりませんので、
そのような趣旨を妻にうまく伝えていき、
妻の心を動かしていきながら、
聞き出していく方法について、
アドバイスさせていただいたことになります。

問題は、自宅に関連する財産分与でした。

「妻が、なかなか納得してくれないのです。」

伊藤さんは、このように切り出されて、
土地については、伊藤さんが100%の所有権。
建物については、妻と50%ずつ、
所有権を共有しているとのことでした。
妻の言い分は、建物の売却価額の50%相当額を、
譲渡する見返りに、離婚成立時に一括して現金でもらいたい。
それ以外の方法は断じて受け入れられない。
そのような姿勢であったと言われました。

なかなか、話し合いでの解決はむずかしいと、
伊藤さんは言っておられました。
預貯金に絡む問題もありましたので、
留意していただく点をお伝えして、
家庭裁判所での調停制度の活用を提案しました。
伊藤さんは、すぐに行動に移されて、
離婚調停の申立てをされました。

離婚については、合意されていました。
10歳になる息子さんの養育費月額についても、
面接交渉権とともに、合意に至っていました。
財産分与についてのみ、合意されていない事案でした。

財産分与は、離婚時の財産がベースになります。
そのベースとなる財産を確定させてから、
どのように分与していくかを決めていくことになります。

自宅不動産の購入時の事情などを勘案すると、
少し得策ではないと考えられるところもありましたが、
当事者である依頼者の意思を優先いたしました。

きれいに、さっぱりと、別れるために、
財産と負債を半分ずつ分け合うとの方針を、
伊藤さんは貫かれました。

500万円は一部が費消され、
残りのお金は妻の実家に、
現金のまま保管していたようだと、
伊藤さんから聞いたとき、
やり切れない気分になりました。

せめて、自分の通帳とキャッシュカードくらいは、
名義人が管理所有しておいたほうがいいことを、
改めて考えさせられた事案でした。

あなたに合った対応策を、
『養育費等 男の離婚相談室』は、
提言させていただいております。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)