養育費の時効 時効の援用など | 養育費 男の離婚相談室 コラム2

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口運営者の養育費コラム2

男の離婚相談室 男性の養育費コラム2

引き続いて、
養育費、とりわけ、男性の養育費、
男性の離婚問題の代表格である、
夫側の養育費について、コラム風にして、
まとめていきたいと思います。
お付き合い願えれば、幸いです。

では、書いていきます。

養育費は時効を主張することができないのでしょうか。

養育費については、時効がない。
そのように思われている方が、
多いのではないでしょうか。

養育費にも、時効はあります。

協議離婚をして、協議書を作成した場合は、
(強制執行許諾条項のある公正証書の場合を除く)
裁判上の請求など、
何の請求も行われなかったケースにおいて、
時効中断事由を発生させることなく、
5年を経過すれば、経過した分については、
「時効で消滅した。」と、主張することができます。

たとえば、8年間。
裁判上の請求など、
時効中断事由を発生させる行為を、
相手側が怠っていた場合、
支払う必要があるのは、
過去5年分と今後の分だということになります。

調停離婚や裁判離婚のように、
裁判所が関与している場合、
及び、何の取り決めもない場合は、
時効中断事由に該当する行為を受けなかった場合において、
10年を経過すれば、時効を主張することが可能です。
この場合は、過去の10年分と、
今後の分の支払い義務を履行していくことになります。

たとえば、
突然、今まで請求してこなかった、
16年分の養育費を一括して支払ってほしい。
そのような内容の支払勧告書などが、
家庭裁判所から届いた場合には、
6年分は時効で消滅していると主張していただいても、
一向に構わない。ということになります。

「わかりました。払います。」などと、
1度でも認めて、ほんの一部を支払ってしまいますと、
全額について、支払い義務が生じてしまいます。
時効中断事由の承認にあたる行為です。
時効の進行も中断してしまいますので、注意が必要です。

消滅時効を主張することを「時効の援用」と言いますが、
消滅時効は、主張しない限り、認められません。
時の経過により、自然に消滅するわけではありません。
当てはまるのかなと思い当たった男性の方は援用してください。

やり方などが、よくわからないなど、
ご不明な点がございましたら、
お気軽に相談してください。

『養育費等 男の離婚相談室』が、
お力にならせていただきます。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)