今後の養育費動向は | 養育費 男の離婚相談室 コラム4

サイトマップ
養育費等 男の離婚相談室 男性のための離婚相談窓口です。

男性のための離婚相談 総合窓口運営者の養育費コラム4

男の離婚相談室 男性の養育費コラム4

引き続いて、
養育費、とりわけ、男性の養育費、
男性の離婚問題の代表格である、
夫側の養育費について、コラム風にして、
まとめていきたいと思います。
お付き合い願えれば、幸いです。

では、書いていくことにします。

今後、養育費月額は、
変更されていくのではないか。

共同親権制度の議論も本格化しつつあります。
かつての子ども手当や高校授業料の実質無償化の話も、
養育費月額に対して、どの程度の影響が出てくるのか、
今一つ、確定的ではありませんでした。

政策的見地から給付される金銭は、
基本的に養育費の負担を減らしてくれないことになっています。
養育費の月額に影響を及ぼさないことになっているのが現状です。

その当時において、
『養育費等 男の離婚相談室』を管理運営していた私が、
予測していた通りの状況になったと言っていいと思っています。

将来的には、財源の問題も相まって、
母子家庭に対する施策が後退していくと考えています。
近い将来、養育費算定表も見直されるのではないか。
そのようにも考えております。
現に日弁連が算定表の見直しに着手しました。

男女共同参画社会が進展してきました。
その進展に伴って、
ある考え方が浮上してきています。

それは、たとえ離婚したとしても、
父母は互いに協力し合いながら、
子供を共同して、育てていかなければならない。
子供の成長の過程には父性の存在が必要である。

7割近くの母親である女性が、
養育費をもらっていないことを考慮すると、
男性の側である父親が相応の負担を求められていく。
父親としての責任を、
きっちりと負わされていくことになると予測しています。

養育費をもらっていない母親からの要求が強まっていく。

妻との離婚条件などの話し合いは、
スムーズに進められたとしても、
子供について、
どのようなスタンスで接していくのか。
子供の将来をどのように考えていくのか。
離婚調停の場でも、そのようなことが、
現在より取り上げられていくようになる。
そのような傾向が強まっていくと思っています。

母性は、
女性が本能として、
女性として生まれてきた瞬間から、
持ち合わせているものです。
しかしながら、
父性というものは、悲しいことに、
男性が学習していかなければ、育っていきません。
男性は学びながら、子供とスキンシップをはかっていくなど、
コミュニケーションを取っていきながら、
父性を身に付け、磨いていかなければなりません。

もちろん、
離婚に至る細かな経緯や原因は人それぞれですので、
ケース・バイ・ケースでの対応ということにはなるでしょうが、
子供は、父性と母性が共存する環境で、
父親と母親が共同して育てていくべきである。
そのような傾向が強まっていくだろうと考えています。

子供に対するスタンスを固めておくこと。

今後の離婚においては、
必須の要件になると思いますので、
是非、留意しておいていただきたいと考えております。

今後の養育費の動向について、
少しだけ、書かせていただきましたが、
激変するようなことはないと考えております。

今の養育費を取り決めなければならない男性のあなた。
お気軽に、ご相談ください。

『養育費等 男の離婚相談室』が、
お力にならせていただきます。

養育費等に関する相談予約・お問い合わせフォームのページ




  行政書士 松本仁孝事務所

  〒582-0022 大阪府柏原市国分市場1丁目6-16
  電話:072-975-2400
  (原則 土日祝日はお休み 平日 9:00~17:00)